TOPページ ご利用のお客様へ(旅行条件書等) ご旅行条件(手配旅行の部)
ご利用のお客様へ(旅行条件書等)

ご旅行条件(手配旅行の部)

(株)アイ・ティ・エスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 本書には、手配旅行の販売に際して、(株)アイ・ティ・エス(以下当社という)とお客様との間で締結する手配旅行契約に関する重要事項が記載されていますので、必ずご一読頂きますようお願いします。ご旅行契約につきましては、当社旅行業約款(手配旅行約款)に基づきますが、以下ご案内致しますご旅行条件書が優先致します。

お申し込みと契約成立

弊社所定の申込書あるいは電話でのお申し込みをお受けいたします。お申し込み後、お申込日の翌日から3日以内(土・日・祝祭日を含まず)に所定のお申込金を所定の口座にお振込み下さい。お申込金は旅行代金に充当いたします。なお、お振込みがないと正式なお申し込みとはみなさない場合がありますのでご注意下さい。原則として、旅行約款は弊社がお申込金を受領した時点で成立するものといたします。

ご旅行代金のお支払い

旅行代金から申込み金を差し引いた残額を、旅行開始日の前日から起算して、さかのぼって20日目にあたる日までに弊社が確認できるようにお支払い下さい。

ご旅行代金

  1. 利用する交通・宿泊期間の運賃・料金の改定および天災・ストライキなど弊社の管理し得ない事由で料金に変更が生じた場合には、お申込み以降であっても料金が変更される場合があります。
  2. 各国にて諸費用(空港税・保安税など)を利用者より徴収する国が増加し、これを各航空会社が事前に徴収代行している場合が多くあります。この場合はご案内の航空券料金の他にこの税金などをあらかじめ弊社にて換算・設定した日本円金額を別途お支払いいただくことになります。
  3. 弊社の管理し得ない事由またはやむを得ない事由で予約内容が変更し、そのために生じた差額の費用を別途申し受ける場合があります。

変更料・取消料

お客様のお求めにより航空券の手配内容を変更・解除する場合、変更・取消料をお支払いいただきます。

正規割引・格安航空券の変更・取消について(消費税込み)

発券後、ご出発前日までは、利用航空会社の取消料(実費)と取扱い手数料5,400円を申し受けます。取消し料はお問合せください。ご出発当日及び無連絡不参加の場合は、払い戻しできません。

格安航空券の変更・取り消しについて(消費税込み)

取消手数料(お1人様につき)

通知日 ヨーロッパ方面 左記載のエリア以外
通常時期 ピーク時期 通常時期 ピーク時期
60日~31日前 5,400円 10,800円 5,400円 10,800円
30日~15日前 21,600円 (10,800円) 32,400円 (21,600円) 21,600円 (10,800円) 32,400円 (21,600円)
14日~3日前 51,300円 (40,500円) 62,100円 (51,300円) 43,200円 (32,400円) 54,000円 (43,200円)
2日~旅行開始前日 50% (51,300円) 50% (62,100円) 50% (43,200円) 50% (54,000円)
旅行当日以降の解除又は無連絡 100% 100% 100% 100%

◆旅行開始日の15日前より以前に航空券の発券手続きをし、その後に取消・変更が生じた場合は、 出発日15日前より以前であっても「14日前から3日前まで」の取消・変更手数料が適用されます。

変更手数料(お1人様につき)

通知日 通常時期 ピーク時期
60日~31日前 0円 5,400円
30日~15日前 取消料と同額 ピーク取消料と同額
14日~3日前 取消料と同額 ピーク取消料と同額
2日~旅行開始前日 取消料と同額 ピーク取消料と同額
旅行当日以降の解除又は無連絡 100% 100%
  • 旅行代金がお一人様50,000円未満の場合は、( )内の取消・変更料を適用します。
  • 【注1】ピーク時期:4/27-5/6、8/5-8/15、12/20-1/7出発
  • 【注2】取消料は、旅行代金の50%と( )内の取消料の高額な方を申し受けます。

旅行代金が該当取消料未満の場合は全額となります。

  • 旅行開始日の15日前より以前に航空券の発券手続きをし、その後に取消・変更が生じた場合は、 出発日15日前より以前であっても「14日前から3日前まで」の取消・変更料が適用されます。
  • 航空券・航空会社の特別施策により、上記手数料規定に準じない場合がございます。詳しくはお申込の当社へお問合せください。
  • 取消・変更手続き規定は、航空券をご返却いただくことが条件となります。
  • 変更とは同じお客様が当初の旅行出発日の2ヶ月以内に手配条件を変更する場合をいいます。以下の事由による変更は取消扱いとなります。
  • 搭乗者の予約氏名(スペル)の変更あるいは訂正、ご依頼の変更後の旅行日程が空席待ち等の事由により成約にならない場合。
  • 但し、イベントチケットなど一部お客様の買取となる商品については手配開始後ご返金できません。

航空券等発券後の場合は、旅行の取消・変更の時期が上記の変更・取消料金の他、運送・宿泊機関等に支払う取消料、違約料、払い戻し手数料を申し受けます。航空券等の発券は通常ご出発日の10日前頃となります。お客様が当社所定の日までに旅行代金を支払わない場合は、当該期日の翌日にお客様が契約を解除したものとみなします。この場合、お客様は当社に対し、前項の取消料に相当する額の違約料を支払わなければなりません。

  • 変更後の出発日が当初出発日より30日以上延期された場合は、上記によらず取消料と同額の変更手数料を申し受けます。
  • ピーク時とは旅行開始日が4/25~5/5、8/5~8/16、12/20~1/5となるものをいいます。
  • 現地空港税・航空保険料についてお客様の事務手続きの簡便化を図るため、現地空港税・航空保険料については当社設定の社内換算レートにて算出しております。したがって、実際の航空券面額とは異なる場合がございますので、予めご了承下さい。
  • 上記取り消し手数料は、企画旅行、ホテル、各種バス等、普通運賃航空券等には適用されません。詳しくは当社にお問い合わせください。
  • e-mail、ファクシミリ、電話等での契約解除のお申し出が当社の営業時間外に受信した場合には、翌日以降の営業日を受付日として上記取消手数料金を適用します。
  • お客様のご希望により、事前に航空券を発券ご用意した場合の変更又は取消に関しては、出発の2週間前の同曜日以降の変更・取消手数料金が適用になります。
  • 一部航空会社で上記の変更・取消料金とは異なる基準となる場合がございます。その際には事前にご案内します。

ホテル宿泊予約手配の取消手数料・変更手数料について

旅行契約変更・解除日 (旅行開始日を基準として) 取消変更手続き料金
30日前以降15日前まで 1泊につき1,080円
14日前以降4日前まで 1泊1室料金の20%
3日前以降前日まで 1泊1室料金の100%(但し、最低10,800円申し受けます)
出発当日(無連絡の不泊を含む) 1泊1室料金の全額
  • 前記に泊数を乗じた金額が総額となります。
  • 見本市期間や一部宿泊期間では前期の変更・取消料とは異なる場合があります。その際は別途ご案内いたします。
  • e-mail、ファクシミリ、電話当での契約解除のお申し出が当社営業日の営業時間外に受信した場合には、翌日以降の営業日を受付日として上記取消手数料金を適用します。
  • ホテルクーポン(宿泊券)発券後のキャンセル・変更の場合、前期料金以外にクーポン精算手数料が必要となります。

各料金に含まれるサービス内容

最終確認の際にご案内します内容には、交通機関・宿泊機関・その他サービス期間提供するサービスのみが各料金に含まれています。その他記載のないものは含まれていません。

各料金に含まれないもの

  1. 超過手荷物料金(規定の重量・容積・個数の超過分)
  2. クリーニング、電話料金、チップ等個人的性質の諸経費
  3. 障害・疾病に関する医療費
  4. 渡航手続き関係諸経費
  5. 日本におけるご自宅から発着空港までの交通費・宿泊費
  6. 日本国内外の空港を利用する場合の空港施設使用料
  7. 日本国内外の空港税等諸税、その他追加料金

その他ご注意事項

お客様が次に例示するような事由により損害を被られましても、弊社では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

  1. パスポート(旅券)の残存有効期限およびヴィザ(査証)の不備のため、日本および目的地の出入国管理法により搭乗・出入国できない場合。(片道航空券の場合には特にご注意ください。また、お子様の場合のパスポート併記についても必ずご確認下さい。)
  2. 予約の再確認を必要とする航空会社でなおかつ72時間以上滞在する都市で、予約の再確認(リコンファーム)をせずに予約を取り消された場合。
  3. 天候不良、天災地変、戦乱、暴動、ストライキ、ハイジャック、航空機の整備不良などにより、予定の便が取り消し、もしくは遅延した場合。
  4. 宿泊機関や航空会社の予約過剰受け付け(オーバーブッキング)により、予約の便が搭乗できなかった場合。
  5. 宿泊クーポン券・列車乗車券、バス類・航空券の紛失、盗難にあった場合。
  6. 空港でのチェックイン時間に遅れて搭乗できなかった場合。
  7. 航空券の名義とパスポートの名義に相違があった場合。
  8. 帰国便の予約をしないオープンチケットにおいて、現地で帰国の便の予約を取れない場合。
  9. 片道使用済みなど、一部使用済み航空券の返金はできません。その他は利用航空会社の航空約款に準じます。
  10. その他、一般に確立された慣習や本邦外の法令・慣習等による場合。

渡航手続きについて

訪問国の入国ビザの取得代行手続きについては、ご希望によりお受けいたします。その際別途渡航手続き代行契約を結ばせていただきます。但し、代行手続き出来かねる場合もございますのでお問合せ頂けます様お願い致します。

航空券・ホテル宿泊クーポン(バウチャー)の引渡し方法

  1. 当社は、当社が提携するクレジットカード会社(以下「提携会社」といいます)のカード会員(以下「会員」といいます。)より所定の伝票への「会員の署名なくして旅行代金のお支払いを受けること」(以下「通信契約」といいます。)を条件に「電話、郵便、ファクシミリ、その他の通信手段」による旅行のお申込みを受ける場合があります。
  2. 通信手段により旅行契約を締結する際の旅行条件は、先の旅行条件と以下の点で異なります。以下にその異なる点のみご案内します。
    1. 準拠する約款は、当社「旅行業約款受注型企画、手配旅行契約の部」に拠ります。
    2. 本項でいう「カード利用日」とは、会員及び当社が旅行契約に基づく旅行代金等の支払又は払戻債務を履行すべき日をいいます。
    3. 通信契約による旅行契約は、電話による申込みの場合は、申込みを当社が受託した時に成立するものとします。 また、郵便、ファクシミリその他の通信手段による申込みの場合は、当社が契約の締 結を承諾する旨の通知を発した時に成立するものとします。 また、申込時には、「会員番号」、「カード有効期限」を通知いただきます。
    4. 当社は、提携会社のカードにより所定の伝票への会員の署名なくして契約書面に記載する金額の旅行代金の支払を受けます。この場合、カード利用日は旅行契約成立日とします。